速報
» 2006年05月24日 08時21分 UPDATE

Intel、Dual-Core Xeon 5100を6月出荷

Intelは新プロセッサ「Dual-Core Xeon 5100 series」を6月に出荷する。各社の搭載サーバを使ったベンチマークでは「競合を上回る」記録的な性能を発揮したとIntel。

[ITmedia]

 米Intelは5月23日、Intel Coreマイクロアーキテクチャを基盤とした新プロセッサ「Dual-Core Xeon 5100 series」(コードネームWoodcrest)のベンチマークで記録的な結果が出たと発表した。従来のデュアルコアXeonに比べてパフォーマンスが最大で125%強化され、「競合するx86ベースアーキテクチャ」の性能も60%上回ったとしている。

 Intelではサーバ用プラットフォーム「Bensley」(コードネーム)とワークステーション用の「Glidewell」(同)向けのプロセッサとして、3月にDual-Core Xeon 5000 series(コードネームDempsey)を出荷済み。

 5100 seriesはこれに続くプロセッサとして6月に出荷予定。消費電力は最大で65ワットとなり、「システムレベルの消費電力はわれわれが期待した以上」(同社)としている。

 5100 seriesの搭載サーバは主要メーカーから投入され、Intelによれば、Dellの「PowerEdge 2950」、Fujitsu-Siemensの「PRIMERGY RX200 S3」、HPの「Proliant ML 370 G5」、IBMの「System x3650」のベンチマークでそれぞれ記録的な性能を発揮した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -