ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2006年05月24日 18時07分 UPDATE

MSとNECが協業強化 Media Center共同開発も

MSのバルマーCEOが来日し、NECとの協業関係の強化を発表。広範な特許クロスライセンスの締結やMedia Centerの共同開発も含まれる。

[ITmedia]

 NECと米Microsoftは5月24日、戦略的協業関係を強化すると発表した。サーバ領域の協業をHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)用サーバなどに拡大する上、広範囲な特許クロスライセンス契約を締結。「Media Center PC」の共同開発も行う。

photo 来日して協業強化を発表する米MSのスティーブ・バルマーCEO

 提携は(1)IPテレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000」と「Office Live Communications Server 2005」の連携強化、(2)NECが米Unisys、米Stratusとそれぞれ共同開発中のハイエンドサーバ、無停止型サーバにOSで協力、(3)MSのHPC用OSとNECのHPC用ファイルシステム「GFS」との連携──など。技術開発を円滑化するため、広範な特許クロスライセンス契約を結んだ。

 Media Center PCの共同開発も行う。NECの今年夏モデルでは、主要機種でWindows XP Media Center Edition(MCE)の採用を拡大した(関連記事参照)。MCEは標準でアナログテレビ放送にしか対応していないが、協業でデジタル放送に対応させ、電子番組表を新聞の番組欄と同様のインタフェースにするなど、日本人に使いやすい形に改善。NECはMCE採用機種を自社PCラインアップの中核に据え、両社共同で販促活動を展開する。

 Windows Vistaが備えるMCE機能でも、技術検証や製品企画、プロモーションを両社共同で展開していく。

photo 会見したNECの矢野社長とバルマーCEO

 来日したMicrosoftのスティーブ・バルマーCEOは都内で会見に臨み、「NECはもっとも広くコラボレーションができる企業。クロスライセンスでエンジニア対エンジニアの関係を強化でき、ネットワークとPCが融合した新しい世界でもイノベーションを進められるだろう」と話した。

 NECの矢野薫社長は「NECは1979年からPCで、1993年からはサーバでMicrosoftと協業し、そのおかげで国内ナンバー1の地位を築けた。協業強化ではNECの技術が評価された。これを機にNECのプロダクトと技術を世界に広げたい」と語った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.