速報
» 2006年05月25日 08時30分 UPDATE

Nokia、S60のブラウザエンジンをオープンソース化

Nokiaは、Safariの技術を使ったS60向けWebブラウザエンジン「S60 WebKit」のソースコードを、オープンソースのBSDライセンスに基づき公開する。

[ITmedia]

 Nokiaは5月24日、S60向けWebブラウザエンジン「S60 WebKit」のソースコードを公開すると発表した。携帯電話に使われているWebブラウザのオープンソース化推進に向けたターニングポイントになるとしている。

 同ブラウザエンジンは、AppleのSafari Web KitのWebCoreとJavaScriptCoreコンポーネントがベースとなっている。NokiaのS60向けWebブラウザでは、携帯電話で完全なWebページが閲覧でき、Ajax対応、ダイナミックHTMLとスクリプティング言語のサポートが組み込まれている。

 ソースコードはオープンソースのBSDライセンスに基づき公開。WebKit Open Source Projectを通じてデベロッパーが利用できるようにする。

 S60 WebKitのオープンソース化により、ほかのモバイルプラットフォームへの移植が容易になり、次世代モバイルブラウザの分裂抑制、モバイルWeb向けコンテンツ開発の簡素化、世界のスマートフォンユーザーによる携帯ネット閲覧の普及促進につながるとNokiaは説明している。

 S60向けブラウザは、NokiaのESeries(E60、E61、E70)とNSeries(N71、N73、N80、N91、N92、N93)、Nokia 3250 Phoneに搭載され、一部は出荷が開始されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -