速報
» 2006年05月26日 20時14分 UPDATE

高さ35センチの出渕デザインロボ「チョロメテ」

出渕裕氏がデザインしたヒューマノイドロボ「プロメテ」の小型版ともいえる「チョロメテ」が開発された。小型・安価でプログラムも可能な教育・研究用プラットフォームとして販売する計画。

[ITmedia]

 独立行政法人・産業技術総合研究所(産総研)は5月26日、産総研認定ベンチャー企業ら4社が共同で、高さ35センチのヒューマノイドロボット「HRP-2m Choromet」(チョロメテ)を開発したと発表した。ソフトによる動作プログラムが可能な小型で安価な教育・研究用ロボットとして販売する計画だ。

photo

 20自由度を持ち、足部に3軸力センサー、胴体部に加速度センサー・ジャイロを搭載。産総研が開発したリアルタイムLinux(ARTLinux)が稼働する小型省電力コントローラ(SH-4/240MHz)により、動作のプログラムが可能になっている。

 全体のデザインは、「機動警察パトレイバー」などで知られる出渕裕氏が監修した。出渕氏がデザインした「HRP-2 プロメテ」を小型化したような外観だ。

 小型ヒューマノイドロボットはホビー用途が多い。プログラム可能なものはほとんどなく、教育・研究用途には向かなかったという。このためチョロメテは、プログラムも可能で小型かつ安価なロボットとして開発した。

 今後、試作機を使って検証実験を行い、必要な改良をした上で低価格な教育・研究用プラットフォームとして販売する予定。シミュレータや教育用コンテンツの開発も計画している。

 開発したのは、産総研認定ベンチャーのゼネラルロボティックス、ムービングアイの2社と、ピルクス・ロボティクス、大日本技研。

 試作機は5月27〜28日に開かれる日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2006(早稲田大学理工学部)で展示する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -