ニュース
» 2006年05月31日 17時29分 UPDATE

ドコモや東芝、Windows Media陣営に MSの“対iTunes”策

「iTunesは確かに強力だが、使える端末やサービスが限られる。Windows Media Player(WMP)は、さまざまな端末で利用できる」――マイクロソフトは東芝やNTTドコモなどと協力し、WMPを国内市場で普及させていく。

[岡田有花,ITmedia]

 「iTunesは確かに強力だが、使える端末やサービスが限られる。Windows Media Player(WMP)は、さまざまな端末で利用できる」――マイクロソフトは5月31日、WMP 11の日本語β版を公開するとともに、東芝やNTTドコモ、日本ビクター、ナップスタージャパンなどと協業すると発表した。各社はそれぞれ、Windows Media Technology(WMT)を活用した商品やサービスを展開。一人勝ちを続ける“iPod+iTunes”を連合軍で追撃する。

画像 「WMTは選択肢を広げる」と語るマイクロソフトWindows本部のジェイ・ジェイミソン本部長と、座席左から日本ビクター、東芝、クリエイティブメディア、NTTドコモ、アイリバージャパンの担当者

 「デジタルメディア戦略上、日本は重要な市場」とマイクロソフトWindows本部のジェイ・ジェイミソン本部長は話す。「日本はブロードバンド先進国で、携帯機器のネット接続も進んでいる。音楽市場も世界で2番目に大きく、海賊行為が少ない」(ジェイミソン本部長)ため、音楽や動画コンテンツの市場として期待は大きい。

 同社は「Windowsと同様、ユーザーニーズを汲みながらパートナーと協業する戦略」(ジェイミソン本部長)を採り、日本市場での成功を目指す。同日協業を発表したパートナー企業は、東芝、ドコモ、ナップスターと、日本ビクター、アイリバー・ジャパン、クリエイティブメディア、NTTコミュニケーションズ、青山キャピタルの8社。WMTを活用した各社のハード・サービスは以下の通り。

社名 WMT対応状況
東芝 gigabeat V30T」などHDDプレーヤーでWMTに対応
NTTドコモ FOMA F902iS」を皮切りにWMT対応機種を順次発売
ナップスタージャパン WMTを活用して定額制音楽配信サービスを展開
日本ビクター 携帯音楽プレーヤー新製品でWMTに対応
アイリバー・ジャパン 携帯音楽プレーヤーでWMTに対応
クリエイティブメディア 携帯音楽プレーヤーでWMTに対応
NTTコミュニケーションズ 「OCN Music Store」でWMT対応のビデオクリップを配信
青山キャピタル PC向けの月額定額制英語教育コンテンツでWMTを活用し、携帯端末に教材を転送

 ジェイミソン本部長は「WMTは、音楽や映像を楽しむ際の選択肢を広げる」と繰り返す。iPod専用のiTunesと異なり、WMTなら、携帯電話を含めた各社のハードが使えるほか、月額定額制といったiTunesにない課金形態も選べるほか、音楽から動画、学習コンテンツまで、パートナー各社の幅広いコンテンツを利用できる、というわけだ。

画像 ナップスタージャパンのポール・グリーンバーグ氏は「対応デバイスが豊富なことが、成功の鍵だ」と語る

 ソフトの使い勝手や機能でもiTunesを超えたと語る。「WMP 11は、iTunesよりもインタフェースが簡単で、検索も素早い。アルバムごとに検索でき、楽曲の整理も手軽」(ジェイミソン本部長)。

 パートナー8社と協力し、都内の量販店でキャンペーンも行う。パートナー企業の端末・サービスと現行のWMP 10を組み合わせ、様々な利用シーンを提案。iPod+iTunesに対抗していく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -