ニュース
» 2006年06月09日 08時16分 UPDATE

6月のMSセキュリティパッチはOffice関連など12件

Microsoftの事前予告によると、6月13日に公開する月例セキュリティアップデートでは、WindowsやOffice関連など計12件の更新プログラムをリリースする。

[ITmedia]

 Microsoftは6月13日に公開する月例セキュリティアップデートで、WindowsやOffice関連など計12件の更新プログラムをリリースする。8日の事前予告で明らかにした。

 更新プログラムはWindows関連の9件、Office関連の2件、Exchange関連の1件をリリース予定。最大深刻度はWindowsとOffice関連が「緊急」、Exchange関連は「重要」となる。一部は再起動が必要になる。

 MicrosoftのWordをめぐっては未知の脆弱性が先月新たに報告され、Microsoftは6月の月例アップデートで対処する方針を表明していた

 また、6月のアップデートでは、Internet Explorer(IE)のActiveXコントロールに関する変更を一時猶予する互換性パッチが期限切れとなる。Microsoftはこの互換性パッチを4月の月例アップデートとともにリリースしていたが、6月のアップデートを適用すると、ActiveXコントロールの処理に関して恒久的な変更が加えられる。

 悪意あるソフト削除ツールも更新版を同時にリリースする予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -