ニュース
» 2006年06月16日 18時34分 UPDATE

Gバイト単価がついに50円割れ HDD大容量化、顕著に

BCNがまとめたHDDの店頭販売動向によると、ベアドライブのGバイト単価が初めて50円を割り込んだ。

[ITmedia]

 BCNが6月16日まとめたHDDの店頭販売動向によると、ショップでバルク販売されているベアドライブのGバイト単価が50円を割り込むなど、HDDの容量拡大とGバイト当たりの平均実売単価の下落が続いている。

 PCのAV化で大容量データが増え、買い替え・買い増し需要からHDDの店頭市場の売れ行きは安定的。BCNによると、年末年始商戦を境に「100〜200Gバイト未満」と「200〜300Gバイト未満」の比率が縮小し、代わって「300〜400Gバイト未満」が拡大。5月には18.1%を占めるなど、大容量化の傾向が顕著だった。

photo アイテム別台数構成比率と1Gバイト平均単価=BCNより

 販売台数のうち、5月度はベアドライブが52.9%、外付けが43.7%とほとんどを占めた。Gバイト当たりの平均実売単価はベアドライブで49円となり、初めて50円を割った。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -