ニュース
» 2006年06月27日 08時30分 UPDATE

ノートPC、1年目の故障率が15%に改善

過去2年でデスクトップPC、ノートPCとも年間故障率は低下したが、まだ改善の余地はあるとGartner。

[ITmedia]

 米Gartnerが6月26日発表した調査によると、PCの年間故障率(AFR)は過去2年で約25%低下した。ただ、それでもまだまだ改善の余地があると指摘している。

 同社のベンチマーク調査では、マザーボードやラッチといった部品の交換が必要な故障をAFRとしてカウントしている。2005年〜2006年に購入したPCのAFRは、デスクトップの場合が最初の1年で5%、4年目は12%(予想)。ノートPCの場合は最初の1年目が15%、4年目は22%(予想)となっている。

 これに対して2003年〜2004年に購入したPCのAFRは、デスクトップPCの場合が最初の1年で7%、4年目になると15%。ノートPCは最初の1年目が平均20%、3年目になると28%に上昇していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -