ニュース
» 2006年08月25日 07時21分 UPDATE

iBook、PowerBookのバッテリーもリコール対象に

ソニー製のノートPC用リチウムイオンバッテリーが過熱する恐れがあるため。米国内110万パックに加え、海外でも70万パックが販売されているという。

[ITmedia]

 米Appleが、ソニー製バッテリーセルを使ったノートPC用リチウムイオンバッテリー110万パックをリコールする。米消費者製品安全委員会(CPSC)が8月24日に発表したもので、先にバッテリーのリコールを発表した米Dellの場合と同様、バッテリーが過熱する恐れがあるため。今回米国で行われるリコール対象は米国内で販売された110万パックだが、さらに70万パックが米国外で販売されているという。

 対象となるバッテリーは、2003年10月から2006年8月までに販売された、12インチiBook G4、12インチPowerBook G4、15インチPowerBook G4の3モデルに使用されているもの。このほか、バッテリー単品での販売も行われていた。

型名 バッテリーの型番 バッテリーの製造番号
12インチiBook G4 A1061 ZZ338〜ZZ427,3K429〜3K611,6C519〜6C552
12インチPowerBook G4 A1079 ZZ411〜ZZ427,3K428〜3K611
15インチPowerBook G4 A1078,A1148 3K425〜3K601,6N530〜6N551,6N601

 ほかのApple製ノートPCには、対象となるバッテリーは使用されていない。

 Appleは、バッテリーの過熱による軽いやけどや所持品の損傷などの報告を、これまでに9件受け取っている、とCPSCは伝えている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -