ニュース
» 2006年08月26日 08時05分 UPDATE

Google、Web管理者向けサイト「Google Webmaster Central」を開設

GoogleのWebサイト巡回に関する情報提供や、自分のWebサイトへのGoogleの巡回を確実にするためのツールなどが含まれる。

[ITmedia]

 米Googleが、Webサイト管理者のためのサイト「Google Webmaster Central」を開設した。GoogleのWebサイト巡回や検索ランキングなどについての情報提供のほか、自分のWebサイトへの巡回を確実にするためのツールの提供なども行う。従来「Google Sitemaps」として提供されてきたサービスも、ここに含まれることになる。

 Webサイト管理者への情報提供用には、ブログ「Webmaster Central blog」、Webサイト管理者の情報交換の場「Webmaster Help Google Group」、よくある質問を集めた「FAQ」を設置した。これにより、Web管理者の疑問により効率的に、いつでも答えることができるとしている。

 Googleでは既に、Webサイト管理者が自分のWebサイトのURL情報をGoogleに送り、検索結果への反映をより確実にする「Google Sitemaps」というツールを公開していたが、さらに機能を追加しWebmaster Central上で「Webmaster tools」として公開した。アカウントを作成すると、Googleが自分のWebサイトを巡回した時に出たエラーが確認できたり、サイトの検索に使用されたキーワードなどの情報を見ることができる。

 このサービスは現在英語のみ。順次ほかの言語へも拡大していくという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -