ニュース
» 2006年09月07日 21時12分 UPDATE

Web人大賞にナビタイム iza!も入賞

[ITmedia]

 Web広告研究会は9月7日、Webの世界に貢献した人を表彰する「第4回 Webクリエーション・アウォード」の受賞者を発表した。「Web人大賞」は、ナビタイムジャパンの大西啓介社長に、「Web人 of the year」は、ニュースサイト「iza!」を運営する産経デジタルの阿部雅美社長に贈られた。

画像 受賞者。前列左から2番目が大西社長、3番目が阿部社長

 Webクリエーション・アウォードは、Web界の人材の発掘・育成を目的に2003年にスタートした。Webの世界で活躍した人を一般推薦で募集し、2回の審査を経て受賞者を決める。

 昨年は、はてなの近藤淳也社長がWeb人大賞を、ブログマーケティングをいち早く活用したビーコンコミュニケーションズの渡辺英輝さんがWeb人 of the yearを受賞している。

 今年のWeb人大賞を受賞した大西社長は、携帯電話のGPSを活用したナビゲーションサービス「NAVITIME」を運営している。昨年からPC向サイトとの連携も始め、アクセスが急速に伸びているという。大西社長は「携帯電話のサービスでは初めての受賞では。今後は位置情報を利用した広告媒体としても新たな展開をしていきたい」などと述べた。

 Web人 of the yearを受賞した阿部社長は「新聞協会賞をいただいた時より嬉しい。既存のマスメディアは頭が固く、タブーも多いが、それを打ち破っていきたい。iza!はスタッフの熱い思いを結実したサイト。ここまで来るのはたいへんだったが、業界に風穴ぐらいは開けられたかなと思っている。今後も日本のメディアのタブーに挑戦していきたい」と語った。

 優れたチームワークを発揮したメンバーに贈る「Web人ユニット賞」は、リコーの「GR BLOG」チームが受賞。ブログをプロモーションに生かした点が評価された。

 Web人賞の受賞者は以下の通り。

受賞者 所属 受賞理由となったコンテンツなど
永沢和義 アイビィ・コミュニケーションズ社長 BlogPeople
岡 康之 松下電器産業 コミュニケーショングループ 宣伝企画チーム オキシライド有人飛行プロジェクト
武井信也 マーズフラッグ社長 MARSFLAG
松原淳 ブラザー工業 NID開発部 事業化グループ Brotherhood
高橋宏祐 富士通 コーポレートブランド室 ウェブ戦略担当 富士通Webアクセシビリティ
青野慶久 サイボウズ社長 サイボウズ
清水孝治 ニフティ サービスビジネスグループ コンシューマメディア部 Podcasting Juice

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -