ニュース
» 2006年09月11日 16時10分 UPDATE

2層HD DVDに1層DVDをプラス 東芝、3層ディスクを開発

東芝とメモリーテックは、2層HD DVDと1層DVDを片面に形成できる3層ツインフォーマットディスクを開発した。1層HD DVD+2層DVDも可能で、コンテンツプロバイダの多様な要望に対応できるとしている。

[ITmedia]

 東芝とメモリーテックは9月11日、HD DVDとDVDの両方のフォーマットに対応した再生専用ディスクを共同開発したと発表した。片面にHD DVD2層(30Gバイト)とDVD1層(4.7Gバイト)を形成した3層構造になっており、DVD層は一般のDVDプレーヤーで再生できるという。

 現在、HD DVDコンテンツ用として販売しているツインフォーマットディスクは、HD DVD1層(15Gバイト)とDVD1層を形成した2層ディスクだったが、もっと長時間のコンテンツが記録できる規格がほしいという強い要望が日米の大手コンテンツメーカーから出ていたという。

 新ディスクはHD DVD1層とDVD2層(8.5Gバイト)にすることも可能で、コンテンツプロバイダの多様なニーズに対応できるとしている。

photo

 光ピックアップから見て近い層がDVD層、遠い方がHD DVD層になる。現在の2層HD DVD・2層ツインフォーマットディスクの製造ラインに若干の装置とプロセスを追加することで製造できるという。従来ディスクと同一ラインで製造できるため、早期の市場導入が可能だとしている。両社は新ディスクをDVDフォーラムに提案する予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -