ニュース
» 2006年09月12日 14時43分 UPDATE

Adobe、Photoshop Elementsの新版を発表

Adobeが「Adobe Photoshop Elements 5.0」と「Adobe Premiere Elements 3.0」を発表した。日本語版は11月に登場する。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは9月12日、写真編集ソフトの新版「Adobe Photoshop Elements 5.0」を発表した。

 同製品には、写真をドラッグして衛星地図上のどの位置にでもリンクできる「Map View」という新機能が追加されている。ユーザーはインタラクティブな地図上で、写真をその撮影場所に表示したり、地図をWebにアップロードして共有することができる(米国の住所のみ対応)。

ah_photo1.jpg

 またユーザーは同製品からFlashベースのフォトギャラリーサービス「Adobe Photoshop Showcase」にアクセスして、写真を共有できる。

 白黒写真への変換ツールや完ぺきな露出を実現する「Adjust Color Curves」、カメラのレンズのゆがみを簡単に修正する機能もある。

 またAdobeはこの日、新しいビデオ編集ソフト「Adobe Premiere Elements 3.0」も発表した。

 同製品はドラッグ&ドロップでピクチャー・イン・ピクチャーやテキストといった効果を追加できる機能など、ビデオ編集を容易にする新しい直観的な機能を備えている。ユーザーはビデオをMPEG-4やFlashフォーマットにエクスポートすることで、ビデオiPodやPSPも含めほとんどの携帯デバイスに対応させることができるという。

 Adobe Photoshop Elements 5.0およびAdobe Premiere Elements 3.0はWindows対応で、10月に発売の予定。推定小売価格はいずれも99.99ドル。両製品をバンドルしたパッケージは米国およびカナダで149.99ドルで販売される予定。

 なお日本語版は11月上旬に出荷開始予定で、価格はいずれもフルバージョンが1万4490円、アップグレード版が1万290円。両製品を含むパッケージはフルバージョンが2万790円、アップグレード版が1万5540円(価格はいずれも税込み)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -