ニュース
» 2006年09月23日 07時39分 UPDATE

米商務省、「5年間でPC1000台以上紛失」の調査報告発表

過去5年間で1000台以上のPCが紛失。うち249台には個人情報が含まれていたが、不正アクセスは困難だという。

[ITmedia]

 米商務省は9月21日、同省内で過去5年間に1000台以上のPCが紛失した件に関する調査報告書を発表した。同省は今後も調査を継続する意向だが、現時点ではデータ流出や不法アクセスの事実は発覚していない。調査の結果、PCとデータの紛失件数が圧倒的に高いのは米国勢調査局だった。

 商務省によると、2001年から現在にかけて、同省内15部門が所有する3万台以上のノートPCのうち1137台が紛失していた。うち249台には個人情報が含まれていたが、PCのデータにアクセスするにはパスワードが必要なうえ、データベース側にも複雑な管理ソフトや暗号化技術が導入されているため、不正アクセスは困難だという。

 別件の要請により、2003年から現在にかけての個人情報流出調査も実施された。この結果、ノートPC217台、携帯端末15台、フラッシュメモリ46個、その他文書などの紛失が明らかになった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -