ニュース
» 2006年10月13日 07時52分 UPDATE

ソニエリ、期間限定の「ジェームズ・ボンド版」携帯発売

映画「007/カジノ・ロワイヤル」の公開に合わせ、シルバーカラーの期間限定版を販売。映画中で使用される携帯と似た外観を採用したほか、「007」の着信音や壁紙もついてくる。

[ITmedia]
yu_k800.jpg

 Sony Ericssonは10月12日、ソニーのサイバーショットブランドを使ったカメラ付き携帯電話の「ジェームズ・ボンド版」を期間限定で販売すると発表した。11月17日(日本では12月1日)に予定されている007シリーズの新作映画「007/カジノ・ロワイヤル」に合わせ、映画でダニエル・クレイグ扮するジェームズ・ボンドが使用しているのと同様のモデルの携帯電話を販売するもので、対象はK800とK790の2機種。

 この携帯電話は、映画の配給元Sony Pictures Entertainmentとのコラボレーション。映画には、K800、K790のほかにスマートフォンM600も使用されているという。

 ジェームズ・ボンド版Cyber-shotの概観はシルバー。3.2メガピクセルのカメラには、オートフォーカス、フラッシュのほか、動く被写体を1度に9コマ連写しできるBestPic機能もついている。ブログ機能もあり、PCを介さず携帯電話から直接ブログサイトへの投稿が可能。また、「ジェームズ・ボンド版」ならではのコンテンツとして、壁紙や007の着信音、映画予告編も含まれる。

 ジェームズ・ボンド版のシルバーカラーのCyber-shot K800とK790は、世界中で2006年第4四半期中の限定販売となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -