ニュース
» 2006年10月14日 07時11分 UPDATE

MSが宣言――Vistaは「予定通り」世界同時リリース

独禁法上の懸念により、リリースの遅れが懸念されていた欧州や韓国でも同時に発売。両地域の法律に沿うよう変更を加えることに同意したという。

[ITmedia]

 米Microsoftは10月13日、次期OS「Windows Vista」は予定通りにリリースすると発表した。出荷開始は、企業顧客向けには2006年11月、小売り経由での一般ユーザー向けは2007年1月の予定。遅れが懸念されていた欧州市場や韓国も含め、世界同時に行われる。

 Vistaに関しては欧州委員会が、欧州連合(EU)競争法に反するとして懸念を表明していたほか、韓国の公正取引委員会との間にも同様の問題があった。

 Microsoftによると、同社と欧州委員会ならびに韓国公正取引委員会との間で「建設的な対話」が行われた結果、欧州委員会の「指針」や韓国での法律を遵守するよう、両地域で発売されるVistaに一部修正を加えることで合意したという。これにより、世界同時出荷が実現することになった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -