ニュース
» 2006年10月25日 08時00分 UPDATE

Adobe、電子書籍ソフト「Digital Editions」のβ版リリース

Adobe Digital Editionsは電子書籍などの電子出版物を閲覧、管理するためのソフト。出版社の著作権を保護するためのコンテンツ認証サービスが統合される。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは10月24日、デジタル出版向けに構築されたリッチインターネットアプリケーション「Adobe Digital Editions」の公開β版をリリースした。

 Digital EditionsはeBook、電子雑誌、電子新聞などの電子出版物を閲覧、管理するためのソフト。旧版Adobe Readerに統合されていたeBook機能をベースに、Flashやリッチメディアを取り込む機能を加えている。

 同ソフトはPDF、XHTMLなどのフォーマットをサポートし、異なるウィンドウサイズに合わせて調整できる動的なコンテンツを表示可能だ。さらにFlash SWFをサポートするため、インタラクティブメディアにも対応する。

 また同ソフトには、出版社の権利を保護する新しいホスティング型コンテンツ認証サービス「Adobe Digital Editions Protection Service」が統合される。これは「Adobe LiveCycle Policy Server」をベースにしており、出版社はDRMモデルより優れたユーザー体験を提供するユーザーIDベースの認証を利用できるとAdobeは述べている。パブリックドメインのコンテンツ、広告付きコンテンツ、書籍の貸し出し、会員制モデル、eBook購入など各種のモデルに対応しているという。

 Digital Editionsの公開β版はAdobe Labsのサイトからダウンロードできる。Adobe Acrobat 8およびReader 8、Adobe Flash Player 9を含み、サイズは3Mバイト弱。今回のβ版はWindows向けで、無償提供されている。今後のバージョンでMac、Linuxプラットフォーム、携帯電話、その他組み込みデバイスをサポートする。

 Digital Editionsバージョン1.0は2007年初頭にリリースされる予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -