ニュース
» 2006年11月10日 14時33分 UPDATE

アキバの聖夜を、2000個のCPUが灯す

インテルとつくばエクスプレスが、2000個のCPUで飾られたクリスマスツリーを秋葉原に登場させた。

[ITmedia]

 インテルと首都圏新都市鉄道(TX:つくばエクスプレス)は11月10日、2000個のCPUで彩られたクリスマス・ツリーの点灯をTX秋葉原駅で行った。12月25日まで展示されている。

無線LANをイメージしたからたちの木のツリー 無線LANをイメージしたからたちの木のツリー
筑波本社で2000個のCPUをかき集めたという 筑波本社で2000個のCPUをかき集めたという

 このツリーは、TXの開業1周年やインテルが支援する日本初の列車内無線LANサービスの開始、「Core 2 Duo」プロセッサの発売を記念して、2社で製作したもの。ツリーには「Pentium III」から「Core 2 Duo」にいたるまで、インテル筑波本社内から集められた約2000個のCPUを、いけばな草月流第4代家元の勅使河原茜氏がプロデュースした。

 ツリーに採用された木は、高さ5メートルのからたちで、細く張った枝の特徴が、ワイヤレス環境をイメージさせるという。TXの無線LANサービスの電波を表現している。

インテルの吉田社長(左)とTXの高橋社長。中央はTXマスコットの「スピーフィ」君 インテルの吉田社長(左)とTXの高橋社長。中央はTXマスコットの「スピーフィ」君

 インテルの吉田和正代表取締役共同社長は、「ITやPCは、人々の暮らしに夢や楽しさを提供する。秋葉原が起点となり、列車が夢や楽しさを沿線に届けてほしい」と挨拶。TXの高橋伸和代表取締役社長も、「高速インターネット接続ができる『ITエクスプレス』が、TXを起点に日本中に広がってほしい」と述べた。

 クリスマスツリーは、TX秋葉原駅コンコースに設置され、12月23日、24日にはハンドベルの演奏が1日3回(13時、15時、17時)行われる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -