ニュース
» 2006年11月11日 07時18分 UPDATE

キング・クリムゾン風?――Vistaの起動音が初公開

Windows Vistaの製造工程向けリリース(RTM)で、Vistaの起動音が初めて明らかになった。

[ITmedia]

 メジャーバージョンアップごとにWindowsの起動音を変えてきたMicrosoftが、11月9日の製造工程向けリリース(RTM)で、Vistaの起動音を初めて公開した。

 Windows Vista開発チームの公式ブログによると、新しい起動音はキング・クリムゾンのリーダーでギタリストのロバート・フリップを中心に、タッカー・マーティン、Microsoft社員のスティーブ・ボール氏の協力により作成された。

 ロバート・フリップの関与は2006年1月に予想されていた。

 起動音の長さは4秒間で、Windowsの4色の旗を表す4つの和音から構成されている。「Windows」と「Vista」を意味する2つのメロディーが交差する。

 Vistaでは新たに「Windows Aero」インタフェースが登場するが、起動音は新インタフェースのイメージに合わせたより「ソフトな」「透明感のある」ものにしたという。

 ちなみに、Windows 95の起動音は、ロバート・フリップがかつてユニットFripp & Enoを組んでいたこともあるアンビエントの巨匠、ブライアン・イーノの作曲によるもの。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -