ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2006年11月20日 21時33分 UPDATE

東芝、「Class4」対応8GバイトSDHCを発売

[ITmedia]
画像

 東芝は11月20日、容量8Gバイトの「SDHC」カードを来年1月上旬に発売すると発表した。データ転送規格「SDスピードクラス」の「Class4」に対応し、最低保証する読み出し・書き込み速度は毎秒4Mバイト。オープン価格で、実売予想価格は4万円前後。

 容量8GバイトのSDHCカードは業界初。最大毎秒6Mバイトの読み書きができる。月産2万個規模で量産する。

 SDHCはファイルフォーマットにFAT32を採用して大容量化した新規格。デジタルカメラやDVカメラでの利用を想定している。対応機種のみで利用でき、従来のSDカード向け機器では利用できない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.