ニュース
» 2006年11月21日 11時05分 UPDATE

「H.264を5倍速変換」のUSBメモリ型アクセラレータ登場

多大なCPUパワーを要求することで知られるH.264ビデオの高速変換が、低スペックマシンでも可能になった。一見するとUSBメモリのようなハードウェアアクセラレータをUSB 2.0ポートに差せばいい。

[ITmedia]

 米国のビデオ関連機器メーカーであるADS Techは11月20日、コンパクトなUSBメモリ型のH.264ハードウェアコンバーター「Instant Video To-Go」を発表した。最高でリアルタイムより5倍高速な変換が可能としている。

 iPodビデオやPSPで使われているH.264ビデオコーデックは、高い圧縮率と高品質が評価されているが、ソフトウェアによるエンコードには長時間を要するのが弱点とされている。

 「Instant Video To-Go」はUSB 2.0ポートにプラグインし、専用の変換ソフトウェアを使うことで2Gバイト分、100分のMPEG-2またはVOB形式ビデオを320×240ピクセルの高品質H.264ビデオに約20分で変換することが可能という。同社によれば、従来のソフトウェアエンコーディングでは5時間を要していた。ADS Techの調査によれば、ソフトウェアエンコーディングを用いた変換は通常、リアルタイムの4〜10倍の時間がかかるという。

 ソフトウェアとしてはArcSoft Media Converter 2を用い、変換のアクセラレーションは「Instant Video To-Go」が行う。1.5GHz以上のPentiumクラスプロセッサを備えたPCおよびWindows XP、Windows 2000に対応でUSB 2.0必須。価格は79.95ドル。

ko_video2go.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -