ニュース
» 2007年01月04日 17時53分 UPDATE

Adobe、次期Production StudioでMac版Premiereを復活

Intel Mac対応版Adobe PremiereがサンフランシスコのMacworld Expoでデモされる。

[ITmedia]

 Adobe Systemsは1月4日、Intel Mac版Adobe Premiereを含む次期Production Studioを、1月9日から開催されるMacworld Expo/San Franciscoで披露すると発表した。

 次期Adobe Production StudioにはMac版のAdobe Premiere Pro、Adobe Encore DVD、Adobe Soundboothが含まれる。出荷は2007年中頃を予定している。Adobe Production StudioはMac版、Windows版があり、Mac版はIntel Mac専用。

 「当社の顧客はAdobe Production StudioのコンポーネントすべてがMacとWindowsプラットフォームの両方に対応することを希望した」とCreative Solutionsビジネスユニットのジョン・ロイアコノ上級副社長は説明している。

 Adobe Premiere Proはノンリニアのビデオ編集ソフト。Mac版のPremiereはAppleがFinal Cut Proを発表した後にバージョンアップが停止されており、長い間Windows専用アプリケーションの状態が続いていた。

 ビデオエフェクトソフトのAdobe After Effects、DVDオーサリングソフトのAdobe Encore DVD、サウンドエフェクトソフトのAdobe Soundboothと組み合わせることにより、プロフェッショナルスタジオで地歩を固めつつあるAppleのFinal Cut Pro、Motion、DVD Studio Pro、Soundtrack Proのコンビネーションに対抗する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -