ニュース
» 2007年01月18日 08時03分 UPDATE

2006年の世界デジタル音楽販売額、20億ドルに

インターネットと携帯でのデジタル音楽販売額が倍増、20億ドルに達した。一方、海賊行為は依然として問題だという。

[ITmedia]

 国際レコード産業連盟(IFPI)が1月17日に発表した統計によると、インターネットと携帯電話を通じたレコード会社のデジタル音楽販売額は、2006年に世界で推定20億ドルに達し、前年に比べて約2倍となった。また、音楽販売額全体に占めるデジタル音楽の比率は10%に拡大しており、IFPIでは「2010年までには、少なくとも4分の1を占めるようになる」と見ている。

 シングルトラックのダウンロード数は、前年から89%伸びて7億9500万曲。オンラインで入手できる楽曲数もほぼ倍増し、400万曲となっている。

 世界のデジタル音楽販売額のうち、携帯端末向けが約半分を占めている。この比率は国により大きく異なり、日本では約90%が携帯向けだという。IFPIでは、NokiaやSony Ericssonなどが音楽プレーヤーつき携帯を開発、AppleもiPhoneを発表していることに触れ、「2007年は携帯向け音楽市場にとって画期的な年になりそうだ」としている。

 一方、著作権侵害の問題もある、とIFPI。2006年に相次いだ大規模ファイル交換者に対する法的措置は、海賊行為の抑制に役立っているものの、十分な対策ではないと指摘。問題解決のためには、ISPなどとの業界を越えた協力も必要だとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -