ニュース
» 2007年01月30日 10時56分 UPDATE

Windows Live Messenger 8.1、正式リリース

バージョン8.1は最新OSのVistaに対応し、日本語版も提供されている。

[ITmedia]

 Microsoftは1月29日、「Windows Live Messenger 8.1」の正式版をリリースした。

 同製品は新OS「Windows Vista」に対応、英語版、日本語版など含め各国語版がダウンロード提供されている。対応言語はβ段階から増え、ブルガリア語、エストニア語など8カ国語が追加された。

 バージョン8.1では、どのプラットフォームでサインインしても同じユーザー名やアイコンを使える「Roaming Identity」、携帯電話番号にメッセージを送信できる「SMS Phone Book」などの新機能が加わった。顔文字やウィンク、背景のメニューも変更され、最近使ったアイテムリストが追加された。

ah_messenger.jpg

 またステータスメニューからサインアウトできるようになり、ヘルプメニューから不正利用を通報することも可能になった。

 ユーザーがVistaをプレゼンテーションモードにした場合、Windows Live Messengerはステータスを「取り込み中」に変更する。このため、プレゼンテーション中にIMが送られてくるのを避けられるという。

 Windows Live Messenger 8.1はMicrosoftのサイトから無料でダウンロードできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -