ニュース
» 2007年02月09日 07時22分 UPDATE

詐欺に関する苦情、被害総額は110億ドル――FTC報告書

米連邦取引委員会がまとめた報告書によると、寄せられた苦情で最も多いのは個人情報盗難に関するもので、全体の36%を占める。

[ITmedia]

 米連邦取引委員会(FTC)は2月7日、詐欺や個人情報盗難に関する消費者からの苦情をまとめた2006年の年次報告書を発表した。

 報告によると、2006年にFTCが受けた約67万4000件の苦情のうち、最も多かったのは個人情報盗難に関するもので、全体の36%を占めた。以下、ホームショッピング・カタログ販売関連(7%)、賞金・宝くじ関連(7%)、インターネットサービス・コンピュータ関連(6%)、インターネットオークション(5%)と続く。

 報告された詐欺による損害額は、合計110億ドルに上った。平均被害額は約500ドルだという。また、寄せられた苦情のうち、決済手段に電子送金を利用した比率が増加を続けており、2006年は前年調査から8ポイント増の23%となった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -