ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年02月13日 19時57分 UPDATE

MNPでキャリア乗り換えた理由は……

auの1人勝ちとなったMNP商戦だが、ユーザーはキャリアのどの部分に魅力を感じて乗り換えを決めたのだろうか。

[ITmedia]

 三菱総合研究所は2月13日、楽天リサーチと共同で行った、番号ポータビリティ(MNP:Mobile Number Portability)に関するネットアンケートの結果を公表した。auに移行したユーザーは端末ラインアップや企業イメージ、通話エリアの広さに、ソフトバンクモバイルは安さに、NTTドコモは通話エリアの広さや海外ローミングに魅力を感じた、という結果だ。

yu_mri_01.jpg

 調査は今年1月、ネット上で行った。3万9971人に対して事前調査し、2000人をピックアップして本調査の対象にした。調査ではこのほか、機種変更や新規利用などについても調べている。

photo

 ドコモかソフトバンクからauに移行した理由として最も多かったのは、ドコモからのユーザは「端末ラインアップが魅力的」(34.2%)がトップ。2位は「通話エリアが広い」と「通話料金が安い」が同率で32.9%だった。ソフトバンクからのユーザーは、1位が「通話エリアが広い」(55.3%)、2位が「端末ラインアップが魅力的」(34.2%)、3位が「携帯電話会社のイメージが良い」(34.0%)となっている。

photo

 ドコモかauからソフトバンクに移行した理由で最も多かったのは、「通話料金が安い」(ドコモ:59.0%、au:45.5%)。2位は、ドコモからのユーザーは「端末ラインアップが魅力的」(28.2%)、auからのユーザーは「パケット料金が安い」「割引やポイント制度が充実している」がそれぞれ18.2%と同率だった。

photo

 auかソフトバンクからドコモに移行した理由のトップは「通話可能エリアが広い」(au:50.0%、ソフトバンク:44.0%)、2位は、auからのユーザーが「海外で利用できる国が多い」(30.0%)、ソフトバンクからのユーザーが「割引やポイント制度が充実している」「携帯電話会社のイメージが良い」がそれぞれ16.0%と同率だった。

 auかソフトバンクに移行したユーザーに対して移行先の端末の魅力を聞いたところ、auはワンセグ機能と音楽プレーヤー機能、ソフトバンクはワンセグ機能と画面の大きな点が支持を得た。

 また、移行ユーザーを1日あたりの通話時間で分析すると、NTTドコモは3分未満のライトユーザーが流出し、3〜5分未満のミディアムユーザーが流入。auは5分以上のヘビーユーザーが流出し、ライトユーザーが流入。ソフトバンクはライトユーザーが流出し、ヘビーユーザーが流入しているという傾向があった。


photophoto

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.