ニュース
» 2007年02月15日 20時30分 UPDATE

ユーザーが選んだ一押しAV家電は「三菱の液晶テレビ」 価格.comアワード

「価格.com」ユーザーの評判の高い製品を選んだ年間アワード「価格.comプロダクトアワード2006」では、三菱電機の液晶テレビなどが大賞に。「広告宣伝の陰で埋もれやすい、ユーザーにとって本当によい商品が選出された」という。

[ITmedia]
photo

 カカクコムは2月15日、「価格.com」ユーザーの評判の高い製品を選ぶ年間アワード「価格.comプロダクトアワード2006」を発表した。激戦のAV家電では三菱電機の液晶テレビが受賞。カカクコムは「広告宣伝の陰で埋もれやすい、ユーザーにとって本当によい商品が選出された」としている。

 対象はパソコン関連、AV家電、生活家電、カメラ関連、携帯電話の5カテゴリー91部門、約7万5000点。昨年1年間の製品レビューや口コミ情報などのデータを独自にポイント集計して選出した。

 AV家電部門で大賞を受賞した「REAL LCD-H32MX60」は三菱電機製の32インチ液晶テレビ。同社によると、昨年末で11万円程度と32インチクラスで最安クラスだった上、「その割に基本設計がしっかりしており、他社製品と比べても画質・音質・操作性とも遜色なく満足度も高かったようだ」(カカクコムの鎌田剛ショッピングメディア部長)という。

 三菱電機は生活家電で空気清浄機「プラズマッハ MA-805」が選ばれ2冠。カメラ関連では機能と画質の評判が高いペンタックスのデジタル一眼レフ「K100D」、パソコン関連ではエイサーの格安19インチ液晶ディスプレイ「AL1916Asd」、携帯電話はシャープのソフトバンク端末「911SH」が選ばれた。

 鎌田部長は総評として、「必ずしも高いシェアを持っていなくても、価格面も含め、しっかりとしたモノ作りを行っているメーカーの製品は、きちんとユーザーに評価されているということが伝わってくる」とまとめている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -