ニュース
» 2007年03月27日 17時20分 UPDATE

PASMO、4日間で発売枚数100万枚を突破

3月18日に発売を開始した非接触IC乗車券PASMOは、4日間で100万枚以上を売り上げた。また、同日の朝から発売された記念PASMO/Suicaも、即日完売している。

[吉岡綾乃,ITmedia]

 PASMO協議会と東日本旅客鉄道(JR東日本)は3月23日、首都圏で利用できる非接触IC交通乗車券「PASMO」と「Suica」の発売枚数を発表した。3月18日に発売を開始したPASMOは4日間で発売枚数100万枚を超え、22日には116万枚を売り上げた※。また、3月20日にはPASMOとSuicaの合計発売枚数が2000万枚を超えている。

 PASMO、Suicaの相互利用開始以降、Suicaの発売枚数(記念カードを除く)も、これまでの1日1万枚ペースから約2倍に伸びているという。3月22日現在のPASMO、Suicaの発売枚数、利用状況は以下の通り。

2001年11月18日に発売したSuicaは、19日間で発売枚数100万枚に達した
内容 数値
カード発売枚数 合計2067万枚(内訳:PASMO116万枚、Suica1951万枚)
電子マネー決済件数 1日49万件(相互利用前は1日41万件)
オートチャージ申込件数 41万件
モバイルSuica会員数 41万人

記念カードは即日完売

 なお、3月18日にはPASMOとSuicaの相互利用を記念して、記念カードが発売された(3月18日の記事参照)。PASMOの記念カードが11万枚、Suicaの記念カードは10万枚発売されたが、朝9時に発売を開始して、13時には完売したという。

ay_pasmosuica.jpg PASMO版(左)とSuica版(右)の相互利用開始記念カード

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -