ニュース
» 2007年04月05日 14時45分 UPDATE

2006年の半導体ナンバーワンはIntel――Gartner調査

Intelが首位の座を守った一方、AMDがATI買収で躍進した。

[ITmedia]

 2006年の世界半導体市場は10.2%成長し、Intelが引き続き首位を獲得した。米調査会社Gartnerが4月4日、最新の調査結果を報告した。

 調査によると、2006年の世界半導体売上高は2627億ドル。前年は2383億ドルだった。

 「主要市場でのトレンドがそれぞれ違っていたことから、全体的に中程度の成長となった。PCプロセッサなどの従来市場の成長率が低く、DRAMや無線通信分野の好結果を相殺した」とGartnerの調査ディレクター、ジョン・バーバー氏は述べている。

 ベンダー別ではIntelが引き続き首位を獲得した。ただし売上高は前年から12%減少、サーバとコンシューマーの両分野でAMDにシェアを奪われたが、年末近くには、Core 2 DuoやデュアルコアXeonで巻き返しも見せたという。。Gartnerは、Intelは2007年に新製品で失ったシェアを取り戻すと予測している。

 2位はSamsung Electronics。DRAMやNOR型フラッシュメモリなどで売り上げを伸ばしたが、前年好調だったNAND型フラッシュメモリの売り上げは減少した。

 3位はアナログ信号プロセッサとデジタル信号プロセッサの両方が好調だったTexas Instruments、それにInfineon Technologies、STMicroelectronicsが続く。またAMDはATI Technologies買収による売り上げ増で順位を大きく上げ、9位にランクインした。

世界半導体メーカー売上高ランキング(単位:百万ドル)
順位 社名 2006年売上高 市場シェア(%) 成長率(%)
1 Intel 30,437 11.6 -12.0
2 Samsung Electronics 20,138 7.7 9.8
3 Texas Instruments 11,984 4.6 18.4
4 Infineon Technologies(DRAM子会社Qimonda含む) 10,533 4.0 28.4
5 STMicroelectronics 9,854 3.8 10.9
6 東芝 9,783 3.7 8.9
7 Hynix Semiconductor 8,007 3.0 39.9
8 ルネサステクノロジ 7,900 3.0 -2.5
9 AMD 7,434 2.8 86.1
10 Freescale Semiconductor 6,049 2.3 8.0
その他 140,571 53.5 11.8
合計 262,690 100.0 10.2
資料:Gartner Dataquest(2007年4月)

 またGartnerは半導体製造装置市場の調査結果も発表した。高いメモリ需要などにより、2006年の半導体製造装置の売上高は、前年比22.9%の419億5000万ドルとなった。首位は前年と変わらずApplied Materialsで、東京エレクトロン、ASMLがそれに続く。

世界半導体製造装置メーカー売上高ランキング(単位:百万ドル)
順位 社名 2006年売上高 市場シェア(%) 成長率(%)
1 Applied Materials 6,493.1 15.2 37.0
2 東京エレクトロン 4,481.7 10.5 16.4
3 ASML 4,004.1 9.4 46.5
4 KLA-Tencor 2,056.3 4.8 24.3
5 Lam Research 1,881.8 4.4 64.1
6 アドバンテスト 1,794.0 4.2 -14.1
7 ニコン 1,519.2 3.6 0.8
8 Novellus Systems 1,389.1 3.3 22.9
9 大日本スクリーン 987.7 -0.4
10 キヤノン 924.3 2.2 10.5
その他 17,106.3 40.1 22.2
合計 42,637.6(うちOEM分687.4) 100.0 22.9
資料:Gartner Dataquest(2007年4月)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -