ニュース
» 2007年04月18日 15時14分 UPDATE

あんな所から見られてた!――地図連動のアクセス解析「なかのひと」

アクセス解析サービス「なかのひと」は、IPアドレスからアクセス元の組織を割り出し、地図上に所在地をプロットする。どの地方からのアクセスが多いかひと目で分かる。

[ITmedia]

 なかのひと運営委員会は4月18日、無料のアクセス解析サービス「なかのひと」を公開した。IPアドレスからアクセス元の組織を割り出し、地図上に所在地をプロットするため、どの地方からのアクセスが多いかひと目で分かる仕組みだ。


画像 解析例。左上の航空写真地図は、道路地図に変えることもでき、ズーム倍率も自由に変えられる
画像 アクセス元の組織をタグクラウドで表示できる

 「Yahoo!地図情報」のAPIを活用した。ドメインのWHOIS情報から組織名を割り出し、その組織の所在地の経緯度を特定して日本地図上にアイコンでプロットする。アイコンをクリックすると、サブ画面に詳細な地図がズーム表示される。

 アクセス元の組織名をタグクラウドで表示する機能を備えた。アクセス回数が多い組織名が大きく表示され、クリックするとその組織の所在地を地図上に表示できる。

 アクセス元所在地の概要が分かる小さな地図を、ブログツールとしてサイトに張り付けることもできる。

 IPアドレスを元に、アクセス元の都道府県を割り出すサービスは従来からあったが、新サービスなら組織の詳細な位置まで把握でき、航空写真から建物まで特定できる。

 地域情報サイト運営者がアクセス元を調べたり、就職活動中の学生が、自分のブログが就職を希望している企業から閲覧されていないかチェックしたり、ネット媒体事業者が読者のいる地域や所属組織を割り出して営業ツールに使う――といった利用法を想定している。

 現在は、IPアドレスから住所変換可能な組織の情報だけを扱っているが、住所不明なドメインの場合は、ユーザーに住所データを記入してもらうなどして位置を特定していく。ユーザーがある程度集まれば、ユーザーの全サイトの平均を出したアクセス地図も公開する計画だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -