ニュース
» 2007年05月19日 08時39分 UPDATE

Google、「Google Apps」にISP向けバージョンを追加

「Google Apps Partner Edition」ではISPなどのプロバイダーが自社ドメインで会員向けにカスタマイズしたGoogle Appsを提供できる。

[ITmedia]

 米Googleは5月18日、ホスティングサービス「Google Apps」のISP向けバージョン「Google Apps Partner Edition」を発表した。

 Google Appsは、Webメールサービス「Gmail」やオンライン予定表「Google Calendar」、ワープロ&表計算ソフト「Google Docs & Spreadsheets」などをまとめた統合Webアプリケーション。個人や学校向けの無料バージョンのほか、メール容量やサポート体制を強化した有料の企業向けバージョン「Google Apps Premier Edition」がある。

 今回発表されたPartner Editionは、ISPやポータルサイト、サービスプロバイダーが対象。ISP側は、GmailやGoogle Docs & Spreadsheetsなどのサービスを、自社のドメイン下で会員に提供できる。APIを利用することで既存サービスとの統合やブランディングも可能。各サービスのホスティングやアップデート、メンテナンスなどはGoogleが行う。

 利用開始方法など、詳細の問い合わせは、Webサイトから受け付けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -