ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年06月08日 10時03分 UPDATE

この近くで一番安い店はどこ?――SprintがGPS買い物支援サービス

携帯で欲しい商品を探したり、価格を調べたり、店への道順を確認――Sprintが新サービス「Slifter」を開始。

[ITmedia]

 米大手キャリアSprintと携帯マーケティング企業の米GPShopperは6月7日、携帯電話で欲しい商品を検索し、価格を調べ、店への道順を調べることが可能な検索アプリケーション「Slifter」を、特定のSprint端末利用者向けに提供開始したと発表した。

 探したい商品のキーワードや製品名、型番、バーコードに印刷されているUPCコードを入力して検索すると、その商品が入手可能かどうか、商品の価格、プロモーション情報などが表示される。また携帯のGPS機能により、その商品が入手可能な最寄の店も分かる。Sprintによると、全米3万店以上、8500万品目の商品を検索できるという。

 検索した商品をショッピングリストに保存したり、調べた商品情報を友人や家族のショッピングリストに送信し、共有することも可能だ。

 Slifterのサービス利用料金は月額1.99ドル。

関連キーワード

GPS | モバイル検索


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.