ニュース
» 2007年06月19日 07時32分 UPDATE

iPhoneは「どのスマートフォンよりも長持ち」に――連続通話8時間に

iPhoneのバッテリー持続時間が、1月の製品発表時の予測よりも長くなったほか、ディスプレイを含む前面全体が、プラスチックからガラスにアップグレードされた。

[ITmedia]

 米Appleは6月18日、iPhoneのバッテリー持続時間が、1月の製品発表時の見通しを大きく上回ると発表した。当初5時間程度とされていた連続通話時間は、8時間となった。

 iPhoneのバッテリー持続時間は、インターネット利用では6時間(1月時点では5時間)、動画再生では7時間(同5時間)、音楽再生では24時間(同16時間)となった。また、待ち受け時間は250時間となる。スティーブ・ジョブズCEOは「iPhoneのバッテリー持続時間は、どのスマートフォンよりも、またほとんどのMP3プレーヤーと比べても長い」とコメントした。

 バッテリー持続時間に加え、iPhone表面の材質についてのアップグレードも発表。当初プラスチックとされていた前面(ディスプレイ含む)全体が光学ガラスとなり、より傷に強く、鮮明な画面が楽しめるようになったという。

 iPhoneは、29日に米国のApple直営店およびオンラインストア、AT&Tの販売店で販売を開始する。価格は、4Gバイトモデルは499ドル、8Gバイトモデルは599ドルとなっている。

関連キーワード

Apple | iPhone | スマートフォン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -