ニュース
» 2007年07月02日 15時32分 UPDATE

Firefoxがシェア伸ばす、最新ブラウザ市場調査

Firefoxがシェアを伸ばしたのに対し、IEはわずかにシェアを落とした。

[ITmedia]

 蘭調査会社OneStatは7月2日、6月のブラウザ市場シェアを発表した。FirefoxがIEからシェアを奪っているようだという。

 同社の調査によると、Firefoxは世界市場で12.72%のシェアを獲得。前回調査(1月)の11.69%から1.03ポイントシェアを伸ばした。一方Internet Explorer(IE)は1月の85.81%から84.66%にシェアを落とした。

 IEのシェアのうちIE 6は56.4%、IE 7は27.71%だった。Firefox 2.0のシェアは11.48%という。

世界ブラウザ市場シェア
2007年6月(%) 2007年1月(%)
IE 84.66 85.81
Firefox 12.72 11.69
Safari 1.79 1.64
Opera 0.61 0.58
Netscape 0.11 0.13
(資料:OneStat)

 米国ではIEが75.69%、Firefoxが19.65%のシェアを獲得。またオーストラリアとドイツでは特にFirefoxのシェアが高く、約26%となっている。米国、カナダ、ドイツ、イタリア、ベルギーではIEのシェアが落ち、Firefoxのシェアが伸びている傾向が見られ、これらの国では「一部のユーザーがIEからFirefoxに乗り換えているようだ」とOneStatは述べている。

関連キーワード

ブラウザ | Firefox | Internet Explorer | Netscape | Opera | Safari


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -