速報
» 2007年07月06日 08時09分 UPDATE

7月のMS月例パッチ、緊急レベルは3件

7月10日にリリースされる月例セキュリティ更新プログラムは計6件。うち3件が「緊急」レベルとなる。

[ITmedia]

 Microsoftは7月10日(日本時間11日)の月例アップデートで、「緊急」レベル3件を含む計6件のセキュリティ更新プログラムを公開する。5日の事前告知でそれぞれの概略を明らかにした。

 緊急レベルの更新プログラムはOffice/Excel、Windows、.NET Framework関連の3件で、いずれもリモートでコードが実行される脆弱性に対処する。影響を受けるソフトが最も多いのは.NET Frameworkの更新プログラムで、Windows Vistaも対象となる。

 Office/Excelの脆弱性は、Excel 2000 SP3で最も危険度が高く、Excel 2000 SP2、Excel 2003 Viewer、Excel 2007も影響を受ける。

 Windows関連の脆弱性は、Windows 2000 Server SP4の危険度が緊急レベルとなる。Windows Server 2003 SP1/SP2も影響を受けるが、Windows VistaとWindows XP SP2には影響しない。

 残る更新プログラムは「重要」レベルの2件で、Office/PublisherおよびWindows XP Professionalの脆弱性に対処する。Windows Vistaの情報流出の脆弱性に対処した1件は「警告」レベルとなる。

 パッチはいずれもMicrosoft Baseline Security Analyzerを使って検出でき、一部は適用後に再起動が必要になる。

 悪意のあるソフトウェア削除ツールの更新版も併せて公開予定。また、セキュリティ以外のアップデートもMicrosoft Update経由で4件、Windows Update経由で1件を配信する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -