ニュース
» 2007年07月06日 08時30分 UPDATE

MPACK攻撃ツール、バーゲン価格で販売

MPACKツールキットの値段が「85%引き」に。アンダーグラウンドでもバーゲンの季節に突入した?

[ITmedia]

 各国で大きな被害を出している攻撃ツール「MPACK」が、アンダーグラウンドで格安販売されているという。Symantecが7月5日のブログで報告した。

 MPACKは、Webサイトを乗っ取り、そこにアクセスしてきたPCに攻撃コードを送り込むWebエクスプロイトツール。ユーザーの環境に応じて、Windows OSのほかWinZipやApple QuickTimeなど、複数のアプリケーションの脆弱性を悪用して攻撃コードを送り込んでくる。

 Symantecによると、MPACKツールキットは当初、作者が1年間の無料サポート込みで1000ドルで販売していた。攻撃コードの追加モジュールも100ドル前後で提供していたという。

 しかし現在では、作者以外の売り手がこのツールキットを「85%引き」の150ドル程度にまで値下げして販売しているという。この売り手は、自分でMPACKを買ったのではなく、無防備なWebサイトを見つけ、そこからキットを無料で入手したとみられる。

 ツールキットがアンダーグラウンドで売買され、わずか150ドルで誰でも入手できる状態になっていることから、MPACKを使った攻撃は今後さらに増える見通しだ。作者の手を離れてソースコードが枝分かれし、エクスプロイトの追加や不具合修正、機能強化などを施したバージョンが出てくるだろうとSymantecは予想している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -