ニュース
» 2007年07月14日 08時51分 UPDATE

「初の関数電卓」登場から35年――HP、新機能つき「レトロHP 35s」発表

先代「HP-35」を思わせるクラシックなデザインの「HP 35s」は、新機能も搭載。この夏、米国で販売される。

[ITmedia]
yu_hp.jpg HP 35s Scientific Calculator

 米HPは7月12日、関数電卓「HP-35」の発売35周年を記念して、「レトロな」関数電卓「HP 35s Scientific Calculator」を発表した。HP-35は、同社が1972年に販売を開始した「世界初」のハンドヘルド関数電卓。「レトロ」HP 35sは、先代HP-35を思わせるクラシックなデザインに、最新の機能を取り入れた。

 HP 35sは、プログラミングや方程式の演算、800件以上の記憶レジスタなどに十分なメモリ容量を確保。2行表示のディスプレイは、コントラスト調整も可能。さらに、入力時間が短縮化できる逆ポーランド記法(RPN)モードへの切り替えもできる。

 付属ポーチもセットで価格は59.99ドル。この夏後半、米国で発売予定。

 同社では、HP-35の発売35周年を記念して、計算機をテーマにしたビデオコンテストも実施。優秀作品やHP-35の歴史、PC用の壁紙などはWebサイトに掲載されている。

関連キーワード

電卓 | HP | 世界初


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -