ニュース
» 2007年07月19日 08時30分 UPDATE

ブラジル航空機事故の便乗スパムが出現、マルウェア仕込む

Websenseによると、ブラジルの旅客機事故に便乗してマルウェアに感染させようとするスパムメールが出現した。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のWebsenseによると、ブラジルのサンパウロで起きた旅客機事故に便乗し、マルウェアに感染させようとするスパムメールが出現した。

 このスパムは、事故を起こしたTAM航空からのメールのように見せかけて、事故に関する情報やTAMの連絡先電話番号などを記載。「ビデオを見るにはここをクリック」との記載で、ユーザーがリンクをクリックするよう仕向けている。

 リンク先は韓国でホスティングされているサイトで、乗っ取られたものとみられる。ブラジルで過去に出現したマルウェアが仕掛けられており、ユーザーがリンクをクリックするとトロイの木馬が実行される。ここから別のサイトに接続して情報を盗み出すトロイの木馬をダウンロードし、インストールする仕組みになっている。

関連キーワード

マルウェア | スパム | トロイの木馬


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -