ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年07月30日 13時42分 UPDATE

Adobe、ColdFusion 8を正式リリース

ColdFusion 8では、Adobe Flex、PDF、Adobe Integrated Runtime(AIR)などのAdobe技術とシームレスに統合されたアプリケーションを開発できる。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは7月30日、「Adobe ColdFusion 8」を正式リリースした。

 ColdFusionは、動的なWebサイトやインターネットアプリケーションを構築するための開発ツール。バージョン8では、Adobe Flex、PDF、Adobe Integrated Runtime(AIR)、Adobe LiveCycleなどほかのAdobe技術とシームレスに統合されたアプリケーションを開発できる。

 また同製品はAjaxコンポーネントを活用しているほか、.NET、Windows Vista、JBossなどにサポートを拡大、各種の最新版エンタープライズデータベースとも統合可能。開発者はColdFusion 8 Server Monitorで迅速にボトルネックを特定し、サーバを調整してパフォーマンスを向上させられる。

 ColdFusion 8は「ColdFusion 8 Enterprise Edition」と「ColdFusion 8 Standard Edition」の2つのバージョンが提供される。前者は、1台あるいは複数のサーバで複数のWebサイトやアプリケーションを提供するのに向いており、後者はシングルアプリケーション向けで中小企業に適している。Enterpriseエディションは2CPU当たり7499ドル、Standardエディションは同1299ドル。開発のみに使えるDeveloperエディションは無償提供されている。

関連キーワード

Adobe Systems | Adobe Flex | Ajax | Apollo


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.