ニュース
» 2007年08月03日 08時55分 UPDATE

American Airlines、米国内線の一部でブロードバンド接続サービスを提供

American Airlinesの機内で、Wi-Fiでのネット接続が可能になる。

[ITmedia]

 米American Airlinesは8月1日、米AirCellと提携し、乗客向けに高速ブロードバンド接続サービスを提供すると発表した。来年、主に米国内線で使用されているボーイング767-200で試験的に導入する。

 乗客はWi-Fi対応のPCやPDAを携帯すれば、機内での高速インターネット接続やVPNアクセス、メールの送受信が可能となる。American Airlinesはエコノミークラスを含むすべての767-200機の乗客に、有料でブロードバンド接続サービスを提供する予定。接続に問題がなければ、サービスを米国内線すべてに拡大する可能性もあるという。

 AirCellの技術は、飛行機の機体外部に設置した3本のアンテナ(2本は底面、1本は上部)を使用する。米国内に設置された基地局を利用し、信号を送受信する仕組みだ。機体内部で受信される信号は802.11a/b/gとなる。

関連キーワード

ブロードバンド | Wi-Fi


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -