ニュース
» 2007年08月09日 16時59分 UPDATE

ゲーム機向けオンラインゲーム売り上げ、2011年には100億ドル超えへ

ネット対応ゲーム機向けのオンラインゲームは、2007年から2011年にかけて売上高が10倍になるとIDCは予測している。

[ITmedia]

 Xbox 360、プレイステーション 3(PS3)、Wiiなどのネット対応ゲーム機向けオンラインゲームの売り上げは、2011年に105億ドルに達する――米IDCが8月8日、このような予測を発表した。

 これらゲーム機向けオンラインゲームの売上高は、ビデオゲームセクターで最も成長しているとIDCは述べている。売上高は2007年に9億8100万ドル、2011年に105億ドルに達する見通しだ。ビデオゲーム市場に占める割合は、2007年は2.5%の見込みだが、2011年には18.6%に伸びると予測される。

 またIDCによれば、ゲーム機向けオンラインゲームには「有料サービスの会費」「有料コンテンツダウンロード」「広告」の3つのビジネスモデルがある。

 有料オンラインサービス・ゲームの会費による売上高は、2007年には4億7600万ドル、2011年には24億ドルに達する見込み。ただしゲーム機向けオンラインゲーム市場に占める割合は48.5%から23.2%に減少する見通しだ。

 ゲームおよびゲーム関連の有料コンテンツダウンロード売り上げは2006年には3500万ドルで、ゲーム機向けオンラインゲーム市場の13.5%を占めていた。2007年には4億9300万ドル、2011年には72億ドルに達する見込みだ。

 またスポンサー付きサービスやゲーム内広告、プロダクトプレースメントによる広告収入に関して、IDCは2007年の1200万ドルから、2011年には8億5800万ドルに拡大すると予測している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -