ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2007年09月12日 14時56分 UPDATE

VMware、仮想化ツールをオープンソース化

VMwareが、ゲストOS仮想化コンポーネント一式「VMware Tools」をオープンソースとして公開した。

[ITmedia]

 米VMwareは9月11日、仮想化ツール「VMware Tools」の大半をオープンソースとして公開したと発表した。

 VMware Toolsは、VMware仮想マシンのパフォーマンスを強化し、管理を改善するゲストOS仮想化コンポーネント一式。「Open Virtual Machine Tools」プロジェクトの一環としてオープンソース化する。

 コードはSourceforgeで公開され、Linuxベンダーは自社のOSに組み込むことができる。

 Open Virtual Machine Toolsプロジェクトは、コミュニティーと協力して仮想化のメリットを広めることを目指しており、またVMwareが顧客をサポートしやすくすると同社は述べている。

 同社はまた、オープンソース化したVMware ToolsをOSインストールプロセスに組み込むために、NovellやRed Hat、UbuntuなどのOSベンダーと協力しているという。

関連キーワード

VMware | 仮想化 | オープンソース


関連ホワイトペーパー

VMware | 仮想化


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -