ニュース
» 2007年09月25日 16時46分 UPDATE

Office Mac 2008、ホームパッケージは150ドルから

家庭用、学生用のパッケージは3ライセンス使用可能で150ドルと、AppleのiWorkと対抗できる価格になった。

[ITmedia]

 米MicrosoftのMac事業部であるMacintosh Business Unit(MacBU)は9月24日、Mac用オフィススイートの次期バージョン「Microsoft Office 2008 for Mac」の製品構成と価格を発表した。

 「Microsoft Office 2008 for Mac」のパッケージは同名の標準パッケージを含む3種類。Excel、Word、PowerPoint、Entourageのアプリケーション新版はそのすべてに含まれる。

 「Office 2008 for Mac Home and Student Edition」ではMicrosoft Exchange Serverと自動ワークフローがサポートされない。家庭、学校向けに3ライセンスが利用可能となっている。

 「Office 2008 for Mac Special Media Edition」では、新しいアプリケーションとしてメディア管理ソフトのExpression Mediaが追加されている。

 Expression MediaはExpressionファミリーの1つで、これまではWindows版のみだった。このアプリケーションはMicrosoft Exchange Server、Automatorをサポートしている。

 Intel Macで動作しなくなったPCエミュレーションソフトのVirtual PCを含む「Professional Edition」は今回からなくなった。

 Office 2008は全アプリケーションがOpen XMLに対応し、PowerPCとIntelの両プロセッサに最適化されたユニバーサルバイナリとなっている。言語は日本語、英語のほか、オランダ語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、スウェーデン語、(デンマーク、フィンランド、ノルウェーを含む)ノルディック語に対応する。

 米国では2008年1月15日に発売。そのほかの地域では2008年第1四半期の発売が予定されている。

 価格は、「Microsoft Office 2008 for Mac」が399.95ドル。「Microsoft Office 2008 for Mac Home and Student Edition」が149.95ドル。「Microsoft Office 2008 for Mac Special Media Edition」は499.95ドル。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -