ニュース
» 2007年10月11日 08時39分 UPDATE

Google、企業向け検索アプライアンスの最新版発表

「Google Search Appliance 5.0」は、1度のクエリーで異なる種類の検索が可能な「ユニバーサル検索」機能を備える。

[ITmedia]

 米Googleは10月10日、企業向け検索アプライアンスの最新版「Google Search Appliance 5.0」を発表した。企業のコンテンツ管理システムとのコネクタの搭載やセキュリティ機能の強化に加え、「ユニバーサル検索」機能を新たに導入した。

 ユニバーサル検索は、1度のクエリーで、Webサイト、動画、画像など、異なる種類の情報源から検索できる機能で、同社がWeb検索で既に採用している。企業の情報は別々のリポジトリに保存されていることが多いため、ユニバーサル機能は特に重要だとし、Google Search Applianceにも導入した。

 さらに、コンテンツ管理(ECM)システムとのコネクタも搭載。EMC DocumentumやIBM FileNet、OpenText Livelink、Microsoft SharePointに対応し、検索可能なファイルフォーマットやイントラネット、データベースなどの数は220件となった。セキュリティ面では、Microsoft Windows Integrated Authentication(WIA)のサポート追加などを行った。

 同社では併せて、企業向け検索に関する新技術を紹介するサイト「Google Enterprise Labs」を公開。キーワード入力中に検索語を提案する「Search-as-you-Type」機能の紹介などを掲載している。

google Google Enterprise Labs

関連キーワード

Google | アプライアンス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -