ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年01月05日 07時42分 公開

Google、企業向け「Google Search Appliance」に機能追加

Googleが、企業向け検索アプライアンスに新機能を追加。検索結果をグループ表示したり、文書のタイプに応じて表示順を変えることが可能になる。

[ITmedia]

 米Googleは1月4日、企業向け検索アプライアンス「Google Search Appliance」のバージョンアップを発表した。Google Search Applianceは、企業のイントラネットやデータベースなどの検索を可能にするアプライアンス。今回の新バージョンには新しい機能を追加したほか、Google Sitemapsとの統合を強化した。

 今回追加された新機能の1つ「Results Hit Clustering」では、検索結果を幾つかのグループにまとめて表示する。たとえば、社員が「カスタマー」というキーワードで検索を行った場合、検索結果が「カスタマーサポート」「カスタマー連絡先」などのグループに分かれて表示され、検索をさらに絞込む際の参考にすることができる。こうした検索結果グループはカスタマイズできる。

 もう1つの新機能である「Source Biasing」では、管理者はコンテンツの情報源やタイプに応じ、検索時の優先度を変えることができる。例えば、企業が複数のDocumentumサーバを所有している場合、メインサーバからの情報を検索結果の上位に表示するようにしたり、Word文書よりもPDF文書の方が重要である場合には、検索結果のうちPDFを上位に表示するようカスタマイズできる。こうした調整は簡単に行うことができ、複雑なコード入力などは不要だという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.