ニュース
» 2007年10月16日 13時21分 UPDATE

Netscape Navigator 9、正式リリース

Navigator 9には、URLタイプミスの自動修正機能やURLを一時的に保存する「Link Pad」などの新機能が追加されている。

[ITmedia]

 米AOL傘下のNetscapeは10月15日、Webブラウザ「Netscape Navigator 9」の正式版をリリースした。

 バージョン9は、Windowsにしか対応していなかったNetscape 8とは異なり、Windows、Linux、Mac OS Xに対応する。名称も、「Netscape」から昔の「Netscape Navigator」に戻された。これはNetscape.comなどほかのNetscape製品と区別するためという。

 この新版では外観を刷新したほか、よくあるURLのタイプミスを自動的に修正する機能や、URLを一時的に保存して後で再度アクセスできるサイドバー機能「Link Pad」などの新機能が加わった。Firefox 2用のエクステンションのインストールも可能で、OPMLのブックマークのインポート・エクスポートもサポートする。

ah-mini-browser.jpg ミニブラウザ

 このほか、ミニブラウザ(サイドバーで開く小さなブラウザ)を強化し、ブックマークだけでなくすべてのリンクを開けるようにして、ナビゲーションツールバーを追加した。ツールバーのスペース節約のため、更新ボタンと中止ボタンを統合し、また要望が多かったことから、Netscape 7スタイルのThrobber(読み込み中に回転するアイコン)を復活させたという。

 Netscape Navigator 9は現時点では英語版のみで、Netscapeサイトからダウンロードできる。

 またNetscapeは、RC1でバージョン9からソーシャルニュース機能を削除したことを受け、この機能をブラウザに追加するエクステンションもリリースした。これらはNavigatorとFirefox 2に対応する。

関連キーワード

Netscape | ブラウザ | Firefox拡張機能


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -