ニュース
» 2007年10月24日 13時20分 UPDATE

MS、モバイル機器管理サーバとBlackJack II発表

Microsoftのモバイル機器管理サーバソフト「Microsoft System Center Mobile Device Manager 2008」は、企業がWindows Mobile機器をWindows PCと同じように管理できるようにする。

[ITmedia]

 米Microsoftは10月23日、同社初のモバイル機器管理専用サーバと、Windows Mobile関連の端末と戦略的提携を発表した。

 同社の新しいモバイル専用サーバソフト「Microsoft System Center Mobile Device Manager 2008」は、企業がWindows MobileデバイスをWindows PCと同じように管理できるようにする。携帯機器へのアプリケーションのワイヤレス配信や、モバイルVPN接続、端末内のファイルの暗号化などの機能を提供し、組織固有のニーズに応じた設定も可能だ。リリースは2008年前半の予定。

 米大手キャリアAT&TとSprintが同ソフトに対応すると表明しており、Hewlett-Packard(HP)、HTC、Samsung、Motorolaなどの端末メーカーも2008年第2四半期から同ソフトをサポートする端末や、同ソフトをサポートするためのアップデートを提供する。

 またMicrosoftは、企業によるMobile Device ManagerとWindows Mobile機器の購入・管理を支援するために、法人向けモバイルサービス企業Enterprise Mobileと戦略的提携を結んだことも明らかにした。Enterprise Mobileは、さまざまなキャリアや端末メーカーに対応したカスタムソリューションを構築、導入、管理している企業。

ah_bj2.jpg BlackJack II

 同社はSamsung製スマートフォン「BlackJack II」も発表。年内に149.99ドルでAT&Tが独占発売する。同デバイスはWindows Mobile 6を採用し、QWERTYキーボード、GPS機能を備え、今後のアップデートによりMobile Device Managerに対応する。ほかにも年内に「AT&T Tilt」などのWindows Mobile 6搭載デバイスが登場するという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -