ニュース
» 2007年10月30日 16時35分 UPDATE

Yahoo!JAPAN新トップページ公開

Yahoo!JAPANの新トップページβ公開が始まった。2カラムを3カラムに変更、利用の多い「ニューストピックス」を中央上部に掲載するほか、検索窓を大きく目立つようにした。

[ITmedia]

 ヤフーは10月24日、「Yahoo!JAPAN」のトップページのデザインを2008年1月1日にリニューアルすると発表した。同日プロモーションサイトで新トップページのβ版を公開した。利用の多い「ニューストピックス」を中央上部に掲載するほか、検索窓を大きく目立つようにし、検索の利便性を高めた。


画像 現在のトップページ
画像 新デザインβ版

 新トップページは、現在の2カラム構造から3カラムに変更する。左はサービス案内、中央は各種の情報提供、右は個人・地域情報に分ける。

 左カラムにはオークションやショッピングなどYahoo!JAPANの主要サービスへのリンクを表示。ユーザーが好みのサービスを5件まで選んで表示できるカスタマイズ性も備えた。

 中央カラム上部には、主要なニューストピックスを掲載。タブをクリックすれば「経済」「エンタメ」「スポーツ」などジャンル別のニュースに切り替えられる。ニューストピックスは「トップページに表示するコンテンツの中で利用が最も多い」(同社)ため、目立つように配置した。

 ニュースを表示する枠の下には、季節や流行、時間帯などに合わせた情報を1日数回更新して表示。同社が進める「ソーシャルメディア化」コンセプトに基づき、中央下部にはYahoo!JAPANのユーザー参加型サービスで集計されたランキングやクチコミ情報などを表示するコンテンツ「みんなのアンテナ」を置く。

 右カラムには、Yahoo!JAPAN IDでログインした状態でアクセスすると、新着メールやYahoo!カレンダーに登録した予定、地域の天気、星占いといったパーソナル情報を表示するようにした。ユーザーが登録した郵便番号から住んでいる地域を判別し、カラム下部に地域のイベント情報やグルメスポット、クーポン情報を表示する。

 β版を利用したい場合は、プロモーションサイトで変更できる。ただしYahoo!JAPANの月間ユニークユーザー約5000万のうちの約10%に限り、先着順で公開する。

 同社はリニューアルについて「利便性の向上、掲載情報の範囲拡大、オープン化の推進を図り、ユーザーのニーズに合った1日に何度も訪れたくなるトップページを目指した」としている。

関連キーワード

Yahoo! | β版 | デザイン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -