ニュース
» 2007年11月01日 14時44分 UPDATE

Google、SNS向け共通APIでFacebookに対抗

GoogleのAPI「OpenSocial」を使えば、開発者は複数のSNSで動くアプリケーションを構築することができる。

[Clint Boulton,eWEEK]
eWEEK

 米Googleは11月1日(米国時間)に、プログラマーがLinkedIn、Friendsterなどのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)向けのソーシャルアプリケーションを開発するためのAPI一式を発表し、正式にソーシャルソフト開発プラットフォーム企業の仲間入りを果たす。

 同社のAPIセット「OpenSocial」は、プログラマーが4億人のSNSユーザーに向けて、独自のオープン開発者モデルに基づくよりもリーチの大きなアプリケーションを開発できるよう支援するためのものだと、同社のプロダクトマネジャー、ジョー・クラウス氏は10月31日にeWEEKに語った。

 Googleの計画は、Facebookが開発者向けプラットフォームを立ち上げて大成功を収めたことへの対抗策だ。5月24日の立ち上げ以来、Facebookのプラットフォームを基盤として7000のアプリケーションが開発されている。

 Facebookは、開発者がユーザープロファイルを利用して、Facebook上で動作するアプリケーションを構築できるようにしているが、このモデルには制限がある。ほかのSNS向けのソフトを開発するには別のAPIを使わなければならないからだ。

 Googleはこれをさらに進歩させており、開発者は3つのAPIで複数のSNS向けにアプリケーションを書ける。このAPIは、ユーザーのプロファイル、友人の情報、友人に活動情報を知らせる機能にアクセスするためのものだ。

 この「一度覚えれば、どのサービス向けにも作れる」方式では、開発者はOpenSocialに対応したあらゆるWebサイトで動作するアプリケーションを構築できる。

 Google独自のSNS「Orkut」に加えて、LinkedIn、hi5.com、iLike、Friendster、Ningなど十数のパートナーがOpenSocialに参加している。これらサイトを合わせると、ユーザー数は1億人を超える。Facebookのユーザー基盤の約2倍だ。

 「開発者が複数のサイトにアプリケーションを提供する上で本当に便利だ」(クラウス氏)

 Googleはまた、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)企業Salesforce.com、企業向けソフト大手OracleもOpenSocial陣営に取り込んだ。大方の専門家にとっては予想外のことだ。

 クラウス氏は、ソーシャルコンピューティングはこれまでコンシューマーの間の流行と考えられてきたが、ビジネスも本質はソーシャルな行為であり、関係に基づいて予測されるものだと指摘する。Salesforce.comは、自社の開発者がSalesforce.com向けの「ソーシャル拡張機能」を開発できるようにしたい考えだと同氏は言う。

 開発者は11月1日から、3つのJavascript APIとGdata APIを使って、ソーシャル機能と開発者向けサンドボックスを利用できる。WebサイトはOpenSocialとサポートフォーラムに対応するためのツールを使える。

 OpenSocialの立ち上げは、GoogleとFacebookの間で燃える炎をさらにあおるものだ。両社は日ごとに真のライバルになっていくように見える。OpenSocial発表の1週間前には、MicrosoftがFacebookの独占広告プラットフォームとしての契約を拡大すると発表した。また、同社はFacebookの一部株式を2億4000万ドルで取得する。

 IDCのアナリスト、レイチェル・ハップ氏は、Googleは同社と同じくFacebookに脅威を感じていて、成長継続のために積極的な方法を取らなければならないパートナーを見つけたと語る。これら企業を合わせると、多数のユーザーと大量のユーザーデータが利用できる。

 「『Googleとその友人たち』のモデルは魅力的だと思う。しかし、新しい活動を可能にしたり、新規ユーザーにリーチできるようになるだろうが、Facebookから市場シェアを奪えるかどうかは分からない。現時点ではゼロサムゲームだとは思わない。市場が急速に伸びているからだ」(同氏)

 OpenSocialはSNS標準の先駆けになるかもしれないとも同氏は語った。

関連キーワード

Facebook | Google | API | SNS


原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -