ニュース
» 2007年11月15日 08時56分 UPDATE

VeriSign、周辺事業を整理へ――コア事業に資源を集中

VeriSignが、2008年以降の事業戦略を発表。Web認証やドメイン名登録、ID保護の各事業をコアとみなし、それ以外の事業の多くは整理する。

[ITmedia]

 米VeriSignは11月14日、2008年に向けた事業戦略を発表した。コア事業への資源集中と「DNAへの回帰」のため、周辺事業の処分や売却を行う計画だという。

 同社は、Web認証(SSL)やドメイン名登録事業(VeriSign Naming Services)、ID保護サービスの3事業をコア事業とし、人的資源や資金を集中的に投じていく計画。この集中戦略の遂行のため、コミュニケーションや課金、コマースなど、同社が手掛けるほかの事業の多くを整理する必要があるという。

 ビル・ローパーCEOは「事業集中と規律ある遂行の組み合わせが、株主利益率改善のための基礎となるだろう」とコメントしている。

関連キーワード

ベリサイン | 認証 | SSL


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -